HOME今日は何の日館 現在:PC版スマホ版へ移動 世界の偉人館おすすめ今日の運勢館
今日は何の日年間祝祭日年中行事五節句二十四節気
七十二候雑節日本の祭り空白サイト情報  

〔五節句〕
 

 五節句は、年間の五つの節句のことで、五節供とも呼ばれる。五節句には、人日、上巳、端午、七夕、そして重陽の五つの節句がある。

 五節句には、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日のように奇数の重なる日が選ばれているが、1月だけは1日(元旦)を別格とし、7日の人日が五節句の一つとなっている。

 実は、五節句の公式の制度は、明治6年に廃止されたけれど、季節に応じた草や木などの植物を食することで、邪気を払うことを目的とした民間行事として、現在でも根強く残っています。




概略内容


五節句

◆ 日本の「五節句」にはどんなものがあるのでしょうか。

漢名 日付 和名 節句料理
  人日(じんじつ) 正月7日 七草の節句 七草粥
  上巳(じょうし) 3月3日 桃の節句・雛祭 菱餅や古代には桃花酒。江戸時代以降は白酒
  端午(たんご) 5月5日 菖蒲の節句 菖蒲酒、菖蒲湯の風習。関東では柏餅、関西や中国ではちまき
  七夕(しちせき) 7月7日 七夕(たなばた) 古代にはさくげ。裁縫の上達を願う素麺
  重陽(ちょうよう) 9月9日 菊の節句 菊酒。菊を浮かべた酒

ページのトップへ戻る