〔捨て猫〕 捨て猫だって、本猫は拾って育ててくれた恩を決して忘れたりしません。そう言って足元につきまといます。